2018/12/29

長期インターンの探し方

長期インターンに行きたいけど探し方がわからないという声があったので、今回はインターンの探し方を紹介していきたいと思います。

長期インターンは、通年募集しているベンチャー・スタートアップのものがおすすめです。大企業の長期インターンは倍率がかなり高いため、採用されにくいです。また、時期が決まっており、あまり融通がききません。

なので、ここではベンチャー・スタートアップの長期インターンの探し方を紹介します。

目次
  1. 長期インターンの探し方
    1. 先輩や友人に紹介してもらう
    2. 大学のキャリアセンターで探す
    3. 長期インターンが掲載されている求人サイトで探す
  2. 求人サイト
    1. Wantedly
    2. InfrA
    3. キャリアバイト
    4. ゼロワンインターン
    5. JEEK
  3. まとめ



長期インターンの探し方


インターンを探すときの代表的な3つの方法を以下で説明します

1. 先輩や友人に紹介してもらう

まず、既にインターンに参加している知人に紹介してもらう方法です。
メリットとして、その企業がどのような雰囲気なのか、どのような事をやらせてもらえるのかなど、働いてみないとわからない情報が事前に手に入るので自分に合っているかどうか見分けやすくなります。

デメリットとしては、そもそも長期インターンに参加している学生があまり多くないので、見つけにくいということが挙げられます。


2. 大学のキャリアセンターで探す

次に、キャリアセンターで探す方法です。
この方法は、基本的に紹介してもらえるインターンが少ないので、自分に合ったインターンを見つけるのは難しいかもしれません。


3. 長期インターンが掲載されている求人サイトで探す

最後に、求人サイトで探す方法です。
この方法が一般的ですが、求人サイトが多くてどのサイトを利用したらいいか迷う人が多いかもしれません。
そこで今回は、求人サイトの特徴を軽く解説して紹介していきます。



求人サイト



1. Wantedly

https://www.wantedly.com/

Wantedlyは、ビジネスSNSですが、求人も掲載されています。
ベンチャーやスタートアップの求人が多いのが特徴で、求人数も他のサイトに比べて多い印象です。
また、スカウト機能もあるので、プロフィールを充実させておくと、結構色々な企業からスカウトが来ます。僕の場合、他のサービスよりもスカウトが多く来ました。



2. InfrA

https://www.in-fra.jp/

InfrAは、他のサービスにない特徴として、インターン後に企業や担当者からフィードバックをもらえます。
また、オフライン相談会などを行っており、採用までサポートしてくれます。



3. キャリアバイト

https://careerbaito.com/

キャリアバイトは、6か月以上の長期インターンシップを掲載しています。



4. ゼロワンインターン

https://01intern.com/

ゼロワンインターンは、3ヶ月以上インターンをすると、企業から推薦状がもらえて、就活が有利になるみたいです。スカウト機能もあります。



5. JEEK

https://jeek.jp/

JEEKは、キャリアアドバイザーに相談ができ、学生をサポートしてくれます。



まとめ


今回は、長期インターンの探し方をまとめてみました。

エンジニアなどの場合、ある程度のスキルや経験が求められることがほとんどです。未経験の学生がエンジニアのインターンに受かるにはどうしたらいいかを書いた記事があるので、参考にしてみてください。記事はこちら

出来る限り準備をして、応募するようにしましょう。